出会い系にはびこるキャッシュバッカー

出会い系にはびこるキャッシュバッカー

キャッシュバッカー(CB)とは?

出会い系サイトは以前「サクラ」という、女性に成りすまし男性客から金を搾り取る悪質な事をする出会い系サイトがあったんじゃ。

 

 

現在は「サクラ」をやっている出会い系サイトは極わずかであり、本サイトで紹介している出会い系サイトに至ってはほぼ無いといっても過言ではない。

 

 

じゃが「サクラ」と同様のことをする輩が最近増えてきておる。

 

 

それが「キャッシュバッカー」と呼ばれる存在なんじゃ。

 

 

出会い系サイトでは、女性会員にサイトをより利用してもらうために、サイト内での通話やメールの返信、自分が登録した画像を見てもらうことで、仮想通貨を配布する仕組みをとっているところがある。

 

 

その通貨はマイルやポイントなどとも呼ばれ、獲得した仮想通貨は現金や物品なんかと交換することができるんじゃよ。

 

 

その結果「キャッシュバッカー」と呼ばれる、出会いに興味の無い、仮想通貨だけが目的のユーザーを増やしてしまう結果になってしまったんじゃ。

 

 

出会い系サイトが今まで直接行っていた「サクラ」は淘汰されつつあるが、女性の利用者を増やしたいがゆえに、出会い系サイトが作ったシステムが第2のサクラとも言える「キャッシュバッカー」を作ってしまったんじゃな。

 

 

基本適にキャッシュバッカーは出会う気は無く「お金」が目当てなんじゃ。

 

 

お小遣いを稼ぎたいがために活動するキャッシュバッカー(CB)のせいで、男性ユーザーは引っかかり余計なポイントを使うハメになるし、出会える確率自体も低くなってしまうんじゃ。

 

 

このような邪魔な存在を避け、異性との出会いを成功させるポイントをまとめてみたんじゃ!

 

 

キャッシュバック制度自体が無い出会い系サイトを選ぶ

キャッシュバッカーの目当ては「お金」なんじゃ。

 

このキャッシュバック制度自体が無い、もしくはキャッシュバック率自体が低いサイトを利用すればキャッシュバッカーと遭遇する確率は極端にへるじゃろう。

 

 

キャッシュバック率が高いコンテンツや機能を使いたがる場合は気をつけろ

キャッシュバック率は、使用するコンテンツやサービス、各出会い系サイトによって違いがあるんじゃ。

 

その中でも特に、男性ユーザーとの通話など音声コンテンツはキャッシュバックが高めに設定されている傾向にあるんじゃよ。

 

これら音声系コンテンツを率先して利用しようとする女性ユーザーは、キャッシュバッカーの可能性が極めて高くなるので注意が必要なんじゃ。

 

 

援助交際を最初から露骨に切り出してくる

出会い系では「援助交際」を希望する女性が居るが、それを装って男性にメール送信をさせてポイントを稼ごうとするキャッシュバッカーがいるんじゃ。

 

割り切りで後腐れなく遊びたいのはわかるが、だまされていては話にならんのじゃ。

 

特に自分から援助交際的な文言でメールを送ってくるユーザーはキャッシュバッカーの可能性が高いので注意じゃよ。

 

 

あまりにも写真映りが良くきれいな女性は注意

全ての女性がそうだとは一概に言えんが、あまりにも写真写りがよく綺麗な女性には注意なんじゃよ。

 

男の心理的に綺麗な女性にはメールを送りたくなるが、明らかに自撮りっぽく見えないものや、プロが噛んでいそうな写真は他人の写真を無断盗用している可能性があるんじゃ。

 

こういった場合は、プロフィールを確認するよりも掲示板等を利用しているか確認し本物のユーザーかをチェックするのが良いんじゃよ。

 

キャッシュバッカーや悪徳業者は、だみあんの経験上ユーザーのプロフィールのみだけ見て「掲示板を見ない」「掲示板を使わない」傾向があるんじゃ。

 

 

だみあんが今までの利用でキャッシュバッカーを見極めたポイントはこんな感じじゃ!

 

 

上記以外にも見極めポイントはあると思うので、見つけたら随時追加していくんじゃよ。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ